東京 不妊治療ならローズレディースクリニック-不妊症・不妊治療-早発閉経・IVA等

Rose Ladies Clinic

[お問合せ]03-3703-0114 [予約専用]03-3703-0115 月〜土 9:30〜12:30 / 14:00〜17:30 休診日:日曜日・祝日 駐車場9台

東急大井町線尾山台から徒歩5分

tel

menu

不妊治療について

一般不妊治療の方法

妊娠するための手段は、3つしかありません。タイミング療法、人工授精、体外受精です。
検査で見つかった不妊要因に対し治療を行ないつつ、この3つの手段で妊娠を目指します。
一般不妊治療とは、タイミング療法と人工授精を指します。
これらでは、精子と卵子が自らの能力に応じ体内で受精するため、赤ちゃんからすると自然妊娠と何らかわりません。
一方、体外受精は、体外の培養液内で受精が行なわれるため、完全に人工的な妊娠となります。

妊娠治療の目的は、不妊症の原因を特定することではなく、妊娠・出産に至ることです。
そのため検査は、体に負担がかからず、異常が判明した際に治療法が存在するものに限られています。
従って不妊症の原因が特定されないこともしばしばあります。
一般不妊治療を概ね6周期、適切に施行しても妊娠に至らないとき、不妊原因の特定はできないが、どこかに不妊要因が潜んでいると考えます。
その際に考慮する妊娠手段が、体外受精となります。

不妊治療の種類

タイミング療法

性交渉を行なったときの妊娠確率が最も高い排卵日を特定し、効率的に妊娠を目指す手法です。
超音波検査、排卵検査薬、排卵コントロール薬、血液検査等を駆使して行ないます。

人工授精

排卵周辺期に濃縮した精子を子宮内に送り込む手法です。
適応は、精液の状態が悪い方、仕事が忙しく性交渉のタイミングがうまく図れない方、子宮内に精子が入りづらい障害がある方、タイミング療法で未妊娠が継続した場合などに行ないます。
夫が単身赴任などで長期間不在のカップルの場合、精子を凍結保存することで適切な時期に人工授精を行うことが可能です。また、生理日の移動や排卵コントロール薬を駆使することで、ご希望日に人工授精を調整することも可能です。担当医にご相談ください。

体外受精

体外で精子と卵子を受精させ、子宮内に戻し着床させる手法です。
適応は、受精の場である卵管に障害がある方、精子が人工授精にも適さないほど不良である方、原因不明の不妊症(一般不妊治療で妊娠に至らない)の方となります。
体外受精の黎明期に生まれた方々は現在35歳前後になります。
体外受精で生まれた方が、高齢者となった時どうなるのか?
次の世代、その次の世代に渡り何らかの影響が出ないのか?
など、まだまだ未知数の技術です。
一般不妊治療を行い、どうしても妊娠に至らないときに初めて、体外受精を検討する必要があります。

>> 体外受精についてはこちら