東京 不妊治療ならローズレディースクリニック-不妊症・不妊治療-早発閉経・IVA等

Rose Ladies Clinic

[お問合せ]03-3703-0114 [予約専用]03-3703-0115 月〜土 9:30〜12:30 / 14:00〜17:30 休診日:日曜日・祝日 駐車場9台

東急大井町線尾山台から徒歩5分

tel

menu

不妊とは

不妊とは


不妊症とは妊娠に至る過程のどこかに問題があり妊娠確率が低下している状態です。
さらに具体的には「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、避妊することなく1年ほど性生活を行っているのに妊娠しない場合」と定義されています。

妊娠治療(不妊治療)とは、様々な検査で不妊原因を見つけ加療することにより卵子が本来持つ妊娠確率まで引き上げる治療になります。

卵子が本来もつ妊娠確率は年齢で決まります。
今の医療技術では、残念ながら、年齢に伴う卵子の質低下を改善することはできません。
卵子1個あたりの妊娠確率は36歳ころから緩やかに低下し、40歳頃から加速が見られます。36歳以上、特に40歳以上の方にとって、妊娠治療の最大の敵は「時間」です。毎週気の排卵を大切にしていかなければなりません。

一般不妊治療の方法

早発閉経(早発卵巣不全:POI)とは

早発閉経(早発卵巣不全:POI)とは40歳未満で閉経と同様の状態になってしまうことで、自然発症する確率は約100人に1人と言われています。
その他に最近では卵巣腫瘍の手術後、癌治療後の女性の早発閉経が増えております。
若年女性の癌の治癒率が上がっていることなどが原因と思われます。
POIの患者様の不妊はかつて絶対不妊と言われ、不妊治療は不可能と考えられていました。

早発閉経(早発卵巣不全:POI)治療の方法