About Infertility

不妊について

不妊とは?

不妊症とは妊娠に至る過程のどこかに問題があり妊娠確率が低下している状態です。
さらに具体的には「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、避妊することなく1年ほど性生活を行っているのに妊娠しない場合」と定義されています。

妊娠治療(不妊治療)とは、様々な検査で不妊原因を見つけ加療することにより卵子が本来持つ妊娠確率まで引き上げる治療になります。

卵子が本来もつ妊娠確率は年齢で決まります。今の医療技術では、残念ながら、年齢に伴う卵子の質低下を改善することはできません。卵子1個あたりの妊娠確率は36歳ころから緩やかに低下し、40歳頃から加速が見られます。36歳以上、特に40歳以上の方にとって、妊娠治療の最大の敵は「時間」です。毎周期の排卵を大切にしていかなければなりません。

Inspection & Treatment

不妊検査と治療の流れ

問診

問診

検査

検査

精密検査

精密検査

各種検査後、治療に移ります。
以下3つは「一般不妊」の治療方法です。

タイミング法

タイミング法
(3〜6ヵ月間)

人工授精

人工授精
(3〜6ヵ月間)

体外受精・顕微授精

体外受精・顕微授精
(6〜24ヵ月間)

Click

一般不妊の詳細につきましては、
こちらをクリックしてください。
※[ 一般不妊 ]のページに移動します。)

卵巣機能が低下した方々に対して有効な
「IVA」治療法もございます。

Click

IVAの詳細につきましては、
こちらをクリックしてください。
※[ IVA ]のページに移動します。)