Gynecology Department

婦人科一般

一般婦人科イラスト

婦人科一般について

女性は女性特有の症状、健康上の悩みを多く抱えています。不妊とも関係のある月経に関する諸症状、避妊、緊急避妊、外陰部、おりものの悩み、子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫のフォロー、更年期障害等女性の悩みに答え、子宮癌検診等も行い地域医療に貢献していきたいと思っています。

特に若い年代からホルモン不足になる方々にどのようにホルモンを投与していくのが最も安全で効果的であるかは、これまで多くの卵巣機能不全患者様を見てきた当院は女性の種々の悩みに誠心誠意答えてまいりました。この経験をもとに今後とも女性の一生の主治医として、貢献していきたいと思います。

女性医師もおりますので外来担当表を確認ください。婦人科は完全予約制ではありませんので、直接診療時間にお越し頂ければ診察は可能です。ただし、ブライダルチェックは予約制とさせて頂いております。
詳しくはお電話にてご確認ください。

婦人科一般の診療

当院の婦人科一般では、月経不順、不正出血、下腹部痛、おりものの異常など、女性に特有の症状を診療いたします。

いつもと違う症状の裏に病気が隠れている可能性もあります。早期発見早期治療が大切です。痛み、かゆみ等、違和感を感じる場合は受診ください。

女性ホルモンのバランスの崩れによる生理痛や更年期障害は生活に支障をきたすこともあります。我慢せずにご相談ください。

がん検診やブライダルチェックについては婦人科検診をお読みください。
更年期の症状でお悩みの方は、更年期障害をお読みください。

婦人科診療のご案内

婦人科一般では、思春期以降すべての年代の女性に寄り添った検診、治療をおこなっております。

  • 月経異常(月経障害)
  • 不正性器出血
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣のう腫
  • 子宮頚部異形成
  • 思春期ご相談
  • 性感染症(STD)
  • ピル処方 など

ご不明点やご心配なこと何でも遠慮なくご相談ください。

ピル処方

ピル(OC)には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。ホルモン量が少ない低用量ピルは避妊効果が確実で、副作用の少ないことが特徴です。

ピルの効果やメリット
確実な避妊

OCを正しく服用すれば、ほぼ100%避妊できます。コンドームは、失敗率が高く安心な方法とは言えません。女性が自ら避妊を行うことができ、計画的に妊娠することが可能です。OCの服用をやめると、妊娠可能な状態に戻り、赤ちゃんへの影響はありません。

月経トラブルの解決

生理不順の場合、OCを服用すると28日周期に整います。また希望の日に生理日をずらすのもOCの飲み方を調整するだけで簡単に行えます。生理痛は軽くなり、痛み止めを使わなくてすむようになります。出血量が少なくなり、貧血が改善し、生理中も楽に過ごせます。

生理前の不快な症状、気持ちの落ち込みといった月経前症候群(PMS)はホルモンの変動によると言われています。OCはホルモンバランスを整えるのでつらい症状が改善します。

健康面でのメリット

ホルモンバランスが整うので、ニキビが治り、お肌がきれいになります。また、子宮内膜症の進行を抑えたり、子宮体がん、卵巣がん、大腸がんのリスクを減らすことができます。

副作用について

吐き気、頭痛、乳房の張りなどの副作用がでる場合があります。 症状が出た場合にはすぐにご相談ください。

自費の費用について

ピル初診(診察+処方) 6,000円
再診(診察+処方) 3,000円

ご不明点やご心配なこと何でも遠慮なくご相談ください。