Artificialinsemination

人工授精

人工授精とは

人工授精とは

卵子と精子の出会うまでの距離を人為的に短くする、自然妊娠に限りなく近い治療法です。
排卵周辺期(排卵前日~当日)に、専用の細いチューブを使用し、濃縮した元気な精子だけを子宮内に直接送り込みます。

当院では、日本生殖医学会認定 生殖医療専門医による信頼のおける施術を行っております。 施術については、痛みの感じ方は患者様により異なりますが、ほとんどの方は、痛みなど感じられません。
施術後は、特別な安静なども必要なく通常に生活ができます。そのままお仕事へ向かう方もいらっしゃいます。

人工授精の適応

以下の様な方は、人工授精をご検討されてもいいかもしれません。

  • 適切な指導のもと行ったタイミング療法でもなかなか妊娠しない場合
  • 医師に精子の状態があまりよくないと指摘された場合(※)
  • 精子を攻撃する抗体の出現や、頸管粘液の分泌に異常があり精子が子宮腔内に到達しづらい方の場合
  • 勃起障害などにより性交渉がうまくいかない場合など
    ※精子の状態があまりよくない場合について
    精子の状態が、著しくよくない方の場合は、人工授精でなく体外受精や顕微授精の適応となります。

月経困難症とは、月経に伴って生じる下腹部痛や腰痛、悪心・嘔吐、頭痛などが原因で社会生活(就労や就学など)に支障を来たす状態のことです。
女性の4人に3人が月経痛(生理痛)を経験しており、4人に1人が「ひどい」月経痛があると自覚しています。しかし、ひどい月経痛があると自覚をされている方のうち、婦人科を受診しているのは約5人に1人と言われています。
大半の方が、痛みを我慢していることがうかがえます。

当院の人工授精について

人工授精の流れ

診察にて、排卵日を特定し、排卵日の前日~当日に濃縮した精子を子宮内に送り込みます。
以下いずれかの方法を医師とご相談の上、選択していただきます。

  • 自然排卵周期(自然の月経周期)で行う方法
  • 排卵誘発剤を使用し、卵巣を刺激する方法

女性の診察について

排卵日予測

月経周期から、排卵前と思われる頃に経腟超音波(エコー)で卵胞径を測定し、また適宜採血でホルモン値も測定しながら、排卵日を予測します。

人工授精当日

内診台の上で、人工授精専用の細いチューブを子宮頸管から挿入し、ご準備いただいた精液を注入します。
痛みは人によって感じ方が異なりますが、ほとんどの方は痛みを感じないようです

男性の診察について

精子の採取

新鮮精子のご使用をお考えの方は、人工授精を行う当日に精子をご用意していただきます。

採精方法

以下のどちらかの方法でご対応いただきます。

  • ご自宅での採精していただきご持参いただきます。
  • クリニック内の専用のお部屋での採精いただきます。
採取した精子について
  • 新鮮精子の場合は、採取後に1時間前後常温で管理し、液化(射精直後の粘りの強い状態から、サラサラとした液体になること)するのを待つ必要があります。
  • ご自宅での採取の場合は、採取後クリニックにお持ちください。
  • ご準備いただいた精子を遠心法にて洗浄し、精子の動きを妨げる物質や奇形を取り除き、状態のよい精子のみ抽出し濃縮します。

治療期間・回数

一般的に1回の人工授精で妊娠する確率は5~10%といわれています。
人工授精で妊娠に至る方の90%は、5~6回までに妊娠にいたっています。
そのため、人工授精は5~6回を目処に治療を行って参ります。この間に結果が得られなかった場合には、体外受精などの治療へとステップアップすることをお勧めしております。

ただし、患者様の身体の状態や精子所見などによっては、早めのステップアップなども検討する必要がありますので、医師にご相談ください。

人工授精にかかる費用

人工授精 27,500円
人工授精
(感染症検査をしていない方)
33,000円

人工授精におけるリスク・副作用

子宮頸管から細い専用チューブを入れて精液を注入するため、少量の出血や、挿入時の痛みが生じることがあります。また、ごく稀に感染を起こし腹痛や発熱を認めることがあります。
担当医が必要と判断した場合には、予防的に抗生剤の内服をしていただくことがあります。

また、凍結精子による人工授精の成績については、いい結果であると言えないため当院では顕微授精など授精率をあげられる治療法をご提案し、患者様の負担を軽減させていただいています。

但し、患者様がご希望される場合は、メリット・デメリットをお伝えさせていただきご相談の上、治療方針を決めて参ります。

生殖医療についてのご不明な点やご心配ごとについては、診療時やカウンセリングでお聞かせいただいております。遠慮なくご相談ください。